ノートとパンダと

日々のノートのことや、文房具のこと。

手帳を使いこなせた事がなかったわたしがもうすぐ手帳歴半年になる話

タイトルが長くなってしまいましたが、わたしの手帳についての話を書きます。




わたしは今まで手帳が一ヶ月と続いた事がありませんでした。ですが現在使っている手帳は、使い始めてもう少しで半年になります。

今回はわたしの今までの手帳遍歴のことを。


初めて手帳を買ったのは、小学校高学年の時でした。キャラクターショップで買ったのを覚えています。ですが、買った直後にまわりの誕生日だけ記入しておわりました。ほぼ真っ白。

小学生の自分にはほかに書くべきことがなかったからだと思います。

にもかかわらず、そこからほぼ毎年手帳を買っては使わず…を繰り返していました。

たぶん、なんとなく持ちたかったという気持ちが強かったんだと。

途中で、買う意味はないかなとやめた年もありましたが、高校卒業したくらいのタイミングで100均にかわいいデザインの手帳があったので、100円なら良いかなと購入しました。

やっぱりほとんど使いませんでした。
わたしには使いこなせないし、合ってないんだと思いました。
バイトなどの時間が変わる予定も一応書いたりしていたんですが、スマホのメモで十分であまり見ることもなく。


そんなことを続けていたので、2017年2月から日記をつけ始めても手帳は無理だなと諦めていました。

Instagramではさまざまな手帳の使い方を見ることができたので、すごく良いなあと思う気持ちもありました。文具、ノート界隈に入るようになって、手帳にもいろんな種類、使い方があることを知り、興味は増しました。


そんな中昨年秋、実家を出て暮らすようになりました。
買い物、料理などと同時に、生活費などの管理も自分ですることになり、これは記録しないとだめだ!と思うようになりました。

実家を出たのと同時に家用の出納帳を用意し、記入はしていたのですが、それだけだと足りない…と感じる部分が多く。


・消耗品の管理。いつ頃買って、いつ頃使い切ったのか。これがわかれば次に購入するときの目安になります。
水道光熱費の引き落とし日。いつまでに口座に入金しておけばいいのか。
・前回はいつどこを掃除したのか。
・食品のストック管理。今家には何があったんだっけ?と買うときに悩むことがありました。
・献立。同じものばかりを作ってしまわないように。


これらは、日付+内容で記入が好ましかったので、これこそ手帳に!と思いました。

昨年の冬、この記録用に日付なしのフリー手帳を購入しました。
しかし最初は続きましたが徐々に忘れるようになり、空欄が多いのが嫌になってしまい途中でやめてしまいました。

どうしようかと考えている時に、また100均で手帳を目にします。

ダメ元で、来年からやってみるか…とウィークリータイプの手帳を買ってみました。

△右上のノート。

フリー手帳と違ってしっかり日付が入っているので作業が少なく、淡々と書いていくだけでしたが、なんとなく続いたのです。
というのも、この手帳のサイズが小さく、最低限のことしか書かなかったため、めんどくさいという気持ちが半減したためでした。

なんかいけるかも、と思い憧れていたほぼ日に手を出そうと決めました。



ほぼ日はInstagramでよく見かけていました。
ほぼ日というと1日1ページの手帳のイメージだったのですが、weeksというウィークリータイプの手帳もあると知って、これなら今の手帳と同じタイプなのでいける!かも!と思いました。

ウィークリータイプの手帳は他にもたくさんありましたが、まずほぼ日というブランドへの憧れ(笑)と、トモエリバーを試してみたいということ、スリム&薄めで持ち運びしやすいという3点で決定しました。

そして購入したのが3月始まりのspring 。

3月からこちらに移行して書き始めました。



…そして今に至ります。
続いています!
最初は細かく記入していましたが、今はそうでもありません。

細かく書きすぎていると、結局面倒になって続かなくなるのをわかっていたので、なるべくシンプルに。

それと、家のことだけでなく自分のことも書く。実家を出てから、なんだか体調管理がうまくいってないなと感じることが多くなったので、その日の体調も記入します。それも調子が悪い時だけなので、毎日ではないというところがポイント。
先月はどうだったかなと見返すこともできるので、これは記録し始めて良かったなと思います。



ほぼ日weeksの詳しい使い方。



タイトルに戻りますが、手帳を使いこなせなかったわたしが手帳を使えるようになった理由。


結論として、一番大きいのは生活環境の変化です。


今までやってなかったこと、それを突然全部自分で管理することになった。やはり自分に合っているのは記録しながらやっていくこと。必然的に手帳が必要となったわけです。


書くことがなければ、書く必要がなくてもやっていければ、手帳なんて要らないと思います。

一昔前までの自分がそれで、続かなかった。
だけど、なんとなく手帳を買ってしまっていた。


それはもともと、ノートを作る、文字を書くことが好きだったから。


根本はずっと変わらなかった。環境が変わっただけ。



生活環境の変化は、こんなにも変えてしまうものなんだなぁと改めて思いました。

手帳を使い始めてから、明らかに以前より物事がスムーズにいくし、管理も少しずつできるようになってきたし、ちょっと成長したなと感じました。


この調子で、今年いっぱい手帳をうめていくぞ!という気持ち。

書き込めば書き込むほど愛着がわきます。







そして。散々ほぼ日!と書いてきましたが、来年は他の手帳にしまーす!

せっかく手帳が使えるようになってきたので、いろんな手帳を試してみたいんです。


秋頃にたくさん手帳が出るのかな?
いろんな情報を集めて、考えて、また新しい手帳を選ぶのを今から楽しみにしています。


いろんな方の投稿を参考にします。
まだまだ勉強中!
本当に、手帳は十人十色だなぁと思います。





そんな手帳のお話でした。
長くなりましたが最後まで読んでくださりありがとうございました!