ノートとパンダと

日々のノートのことや、文房具のこと。

【ノート•GWの記録】トラベラーズノートを買いました


久しぶりの更新です。
GWから忙しく、なかなか手につかない状態でしたがやっと落ち着いてきました。

GWは、久能、まかいの牧場TDLに行ってきたので、ノートに書くことと貼るものがたくさんありました。

▽久能


▽まかい



TDL



TDLはGW直後の月曜日に行ったのですが、その翌日、帰る日は1人だったので、前から気になっていた「トラベラーズファクトリー」へ行ってみました。

東京駅にあるとのことだったので、舞浜駅で友人と別れた後、京葉線で東京駅まで。
ここまではいつものなので大丈夫だったのですが…

東京駅を一人でぶらついたことがないので、正直トラベラーズファクトリーに辿り着けるか不安でした。おまけに方向音痴なので。

頼りはスマホのみ。

京葉線のホームからトラベラーズファクトリーのあるグランスタ丸の内までの行き方を調べてみると、
どうやらいつも通る通路と反対の通路へ向かうらしい…

東京駅の構造を理解していなかったのでこの時知ったんですが、いつも新幹線に乗っている方面は八重洲口。今回行こうとしている丸の内側は未踏の地…。

う〜ん大丈夫かな?とかなり不安になりましたが、
写真付きで京葉線ホームからグランスタ丸の内方面への行き方を説明してくれているサイトがあり、そのおかげでなんとか到着。(それでも30分くらい彷徨いました)

ちなみにこちらのサイトにお世話になりました。(自分用のメモ)
本当ありがたい…。


そして辿り着いたトラベラーズファクトリーステーション。(写真を撮る余裕はなかった)

こじんまりしているけど、店内にギュッと文房具が詰まったおしゃれなお店でした。
トラベラーズノートをはじめ、かっこいい文房具がきれいに飾られていたので、見るだけでも楽しい素敵な空間でした。


トラベラーズノートは前から気になっていて、いつかは使ってみたいなぁとぼんやり思っていましたが、このタイミングで手に入れることになりました。

ただこの時の自分は、皮のカバーに少し抵抗があり…
かっこいいにはかっこいいのですが、自分的にしっくりこない…そんな気持ちがありました。
なので、まずはMD用紙とクラフト紙の書き心地を試したい!という目的でトラベラーズノートのリフィルを買うことに。

どれにしようかじっくり見ていたところ、ジッパーケースが目に入り、もしかして軽くカバー代わりになるんじゃ?と思い一緒に購入してみました。



トラベラーズファクトリーでの購入品

そして楽しみにしていたスタンプ。
お会計の時に店員さんに、スタンプは押していってもいいですか?と聞くと良いですよ〜と言われ、渡された購入品の袋にレギュラーサイズと思われる紙が入っていました。

もしかしてこの紙はスタンプ用?
ノートに押したいんだけど開封してもいいのかな?と不安になったので、再度店員さんに
今買ったノートに押しても良いか聞いたら、もちろん良いですよ!と言われたので安心。
(店内で買ったものを開封するのって勇気がいる…)

いざ、スタンプを!

スタンプのコーナーには他のお客さんがいて、ちょうど押しているところでした。

空くまで少し待とうと店内をぶらぶらしていましたが、なかなか空かず。
熱心に押されているようで、もしかしたらそこにあるスタンプ全部を…?
決まりはないのでどうしようもないのですが、(わたしもたくさん押したいし!)
しばらく待っていたら、気にかけてくれたのか店員さんがスタンプのインクを持ってきてくれて、それに気付いた前の方がスペースを空けてくれたので無事スタンプを押せました。
店員さんが本当にやさしかったです…!

前の方はまだ押したいスタンプがある感じだったので、わたしは少しだけ押させてもらいました。
ご当地のスタンプがずらりと並んでいて、どれも違ってかわいい…!

その中から、特に気に入ったものだけ押してきました。



スタンプはクラフト紙のノートに。

とってもかわいくて、ほくほくしながら帰宅。
新幹線のホームに行くまでにも30分ほど迷いました。乗れた時の安堵感といったら…。





帰宅してからさっそくセット!
しかし考えは甘く、ジッパーケースははみ出してカバーにはなりませんでした。(笑)やはり皮のカバーですね!

トラベラーズノートは、旅行記にしようと思います。

そしてやっと最近、GW中の旅行記を書き終えましたー!





リフィルのサイズはパスポートサイズにしたのですが、なかなかこじんまりしていてかわいいサイズ。持ち歩きもしやすそうです。


そして今夏、台湾旅行が決まったので、トラベラーズノートを持っていこうと思っています。
その時までには、カバーを買う予定。そして台湾旅行専用のノートも作ろうと思っています。


トラベラーズノート、使いこなしていけるようがんばります〜。



最後までお読みいただき、ありがとうございました。