ノートとパンダと

日々のノートのことや、文房具のこと。

新しい万年筆と、かっこいいインク


先日、誕生日プレゼントをいただきました。
リクエストしていたものなのですが、かっこよすぎて興奮してました、



あこがれの
ラミーのサファリと、パイロットの色彩雫…!



今まで万年筆はカクノだけだったので、他のところの万年筆も欲しいなあといろいろと見ておりました。

その中でもラミーサファリはデザインがかっこいいな!と思っていたのでリクエスト。


カラーはイエローにしてもらいました。

いかにも海外文具って感じ〜!
スタイリッシュでかっこいい…


太さはEF(極細)

そして、一緒にラミーのコンバーターも。

コンバーターは初の試みです。
うまく吸えるか心配…



コンバーターということはもちろんインク!


色彩雫〜。
稲穂、竹林、月夜の三色ミニボトルセット。

いよいよインクデビューです!



ころっとしたサイズがかわいいミニボトル。
とりあえず使い切れそうなサイズ&いろんな色を使いたいということで、三色セットにしてもらいました。



最初に、ラミーサファリの書き心地を確認するために、ラミーサファリに稲穂を入れてみました。
初めてのインク吸入作業。
はじめに深さが足りなかったのか、気泡が入ってしまったりして、ちょっと手こずりましたがなんとか完了。

そして書き心地。

すごく良い…!



なんというか、すらすら…よく聞くヌラヌラとかそういう感じがこれなのでしょうか。

今までは感じていなかったけど、カクノはカリカリだ!

こんなに違うとはびっくり…


太さは、カクノFより太く、カクノMより細い感じ。
この太さがなんだか自分にはとってもしっくりきて、すごく書きやすいです。

ペンを持った時に思ったのですが、今まで自分の持ち方は合っていなかったのかも…

どこかのラミーサファリのレビューで、ラミーサファリを使い始めると、持ち方が矯正されると書いてありましたが、なるほどと納得しました。
ラミーサファリには持つ部分にくぼみがあり、そこに自然と指が当たるような構造らしいです。
自分の今までの持ち方だと、そのくぼみにはまらなかったのです。

これから持ち方を直そう…!



そして、カクノにも残りの2種類のインクを入れました。



慣れない作業で、さっそく手を汚しました。



カクノMには月夜を、


カクノFには竹林を入れてみました。



色味について

ダイソーのノートに書きました

まずは稲穂

ブラウン系が好きなので、ブラウン系の中から稲穂を選びました。
ブラウンというよりは、名前の通り稲穂のような、ゴールドに近い落ち着いた色。

これがすごくきれいで…グラデーションがすごく良いです。
ずっと書いていたくなる色。


次に竹林

竹林は、以前文具屋さんで試し書きした時に一番かわいいな!と思った色でした。
鮮やかで、さわやかな黄緑。
絶対透明軸に入れるんだーと決めていました。

元気な色で、やっぱりかわいさがあります。


そして月夜

三色目は迷ったのですが、色彩雫の中で一番人気だという月夜を選びました。

書いてみると、書き始めは濃い青なのですが、乾くと淡く、深いなんともいえない綺麗な青になります。
これも綺麗だな〜一番人気に納得です。
大人な色だな〜という印象。
かっこよく使いたいです。


これからどんどんインクにはまっていきそうな予感…


それと、万年筆で書くのに、書き心地が良かったメモ帳


以前ご紹介したセリアのメモ帳なのですが、手持ちのインクでは裏抜けはありますがにじみがなく、書き心地がとても良かったです。

なので大きいサイズも買い足しました。

小さいサイズは120枚、大きいサイズは60枚。


メモ帳はちぎって使うので、わたしは裏抜けは気にしません。




ということで、万年筆とインクのお話でした。
やることがたくさん溜まってしまい、更新が滞っていましたが
書きたいことはたくさんたまっているので、ぼちぼち更新していきます。

最後までお読みいただきありがとうございました。